デジタルデトックス June 22nd 2022



いつものセリフ

「もしよろしければ、私が写真を撮るので、どうぞご自身の目で自然を見て下さい」


結局、ご本人は「一枚も写真を撮りませんでした。」と、笑


そしたら、

たまたまだけど、こんな不思議な写真が撮れました。


デジタルデトックス


一日もパソコンやスマホを触らない日を作るのは本当に難しい


そんな参加者さんは

実は森林セラピーガイドのお勉強中

ついつい力が入ってしまうガイドさん

でも

お勉強中ということも忘れて自然に溶け込めたそうです


よかった・・・


デジタル化で世の中が便利になっていく分

もっと余暇時間を作ったり

人と人との生身のコミュニケーションの時間を作ったり

そしてもっと自然に触れ合う機会を作って

目を休め

心を休め

体を休める時間を作って欲しい


あと100年後

200年後の人間の生活はどうなっているのだろう


生音での会話はなく

全てがデジタルを通しての対話になっていくのだろうか


1週間ぶりに畑に行ったら

あっという間にブルーベリーが草に飲み込まれそうになっていた

まだ10〜30cmほどしかないブルーベリーの苗木

この苗がたわわに実をならせるようになるには10年はかかる


今回の参加者さんはカフェのオーナーさんで

窓から見える隣の緑が

実は近々整地されるため伐採されてしまうのだそう

人気のエリアだけにどんどん宅地造成が進んでしまうのだろう


緑の景観は

温暖化とかCO2がどうとか難しい話よりも

人にとって心地の良い空間を与えてくれているはず


伐採された木は

またそこで木陰を作る気になるには何年という時間がかかる


移動も便利になった日本

もう少し空間利用しながら分散して人が住む環境を整えられないかな


・・・と言ったらやっぱりデジタルデトックスできない生活になるんだろな


答えは100年後にあろうのだろうか


#デジタルデトックス #森林 #イベント






閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

西丹沢じゃなくてすいません 上高地です ガイド業って丹沢ではメジャーじゃない 残念ながら森林セラピーのお仕事だけでは食べていけないので 常に2〜5つの仕事を掛け持ちしながら 森林セラピー®︎を続けています 7月から8月は特に 西丹沢はキャンプ場や川遊びの人でごった返し 私自身もあまり行きたいとは言えない状況 そんな時は 他の地域を見て歩いてお勉強 上高地ではシニアガイドも大活躍 ガイド業をもう少し