森歩き日記 Vol.20「A Small Green Recovery」

最終更新: 3月12日



森林セラピーがお休みの間、

友人に借りた畑をひたすら開墾しています。


私が住む山北町では、

「耕作放棄」をしてしまったみかん畑や茶畑が目立ちます。

あっという間に荒地になり、

そこを野生動物に荒らされたりと、

まさにイタチごっこの状態。


実は、

この友人がある日突然亡くなってしまいました。

畑の一部を借りたばかりで、

なんのノウハウもなく、

友人が大根や玉ねぎを植えていた場所は、

ただ荒れていくばかり。

みかねて少しずつ草取りをしたりしていましたが、

1年が経ち、

ご遺族から正式に畑全部をお借りすることになりました。


友人は朝5時から畑を耕し仕事に行っていたそうですが、

私は早起きが苦手。

ゆっくりペースですが、

土の中にいる時間は、

まさに私にとってのセラピー時間です。


「A Small Green Recovery」


私は野菜よりも樹木の方が好き。

少しずつ、

木の芽も育てながら、

森林の再生に役立つ何かができたらなと。


今、一つの種が、

葉を茂らせる樹になるまで、

何年もの時間が必要です。

今できることをやってみる。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

© 2018 by Forest Edge of Site. Proudly created with Wix.com

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Instagram