森歩き日記 Vol.31 雨の日のボランティア

更新日:4月30日



森林セラピー基地®︎の山北町の登録ガイドでもある私

町に問い合わせてみましたが

コロナの影響で森林セラピー®︎の再開は秋にならないとわからないとのこと


その間

コースの中にある森林セラピー®︎の看板と木製ベンチは苔にまみれてしまっている状況


雨の中

思い切って看板とベンチを磨きに行ってみた

たわしの代わりに枯れた杉葉で擦ると少しずつ綺麗になっていく


いいことをすると気持ちがいいものだ


一方で

同じくコースでもある洒水の滝には

いつの間にか立派な展望階段が設置されていた


もう梅雨に入ったのではないかと錯覚するほどの雨

せっかく念願かなって地元のヨガの先生とイベントを計画していたけれど

どうやらGW明けには再び雨が続くらしい


SDGs#12 つかう責任つくる責任


行政主導の森林セラピーは各地で休止が続いている様子

「森林セラピー®︎」という言葉自体が忘れ去られていくようで残念


それよりも

そもそも山北町の人達は「森林セラピー®︎」を知っているのだろうか


あちこちにいろんなものが作られては廃れ・・・そんなことを繰り返している

どうせなら

作ったものを活用して健康事業としての森林セラピー®︎をもっとPRしてほしい


とにかく地域の人達でこの町の美しい景観を維持していけるようにと願うばかり


日時未定ですが仕切り直して

地元安藤先生と一緒に「青空ヨガ&森林セラピー®︎」を企画中です


雨の日は私のためのセラピーがしばらく続きそうです、笑


#森林セラピー #山北町 #西丹沢 #神奈川 #未病 

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示