森歩き日記 Vol.33 #ユーシンブルー

更新日:5月10日


私は「神奈川県自然公園指導員」というボランティア活動をしています。

神奈川県内の国定公園や県立公園を巡視(山を歩く)し、登山道上の問題や登山者への情報提供などを行うものです。


特に最近はキャンプなどのアウトドアブームで、軽装で山に来られる人も多くなり、

残念ながら山の中で直火でのキャンプやゴミの投棄などのマナー違反も目立つようになってきました。


私は森林セラピーを通して、

これまで山には縁のなかった人、

森の中を歩くだけで楽しいと言うこと、

こんな身近にキレイな場所があると言うこと、

この自然を守るためには人々にもっと関心を持っていただかなければいけないと言うこと、

自然を維持するためには、メンテナンスができる人材や産業が必要だと言うこと、

そんなことをセラピーを通して伝えています。


そう、この美しい景色を知ってもらうためには 、

まず自然のリスクも知ってもらう必要があります。

2018年1月に「玄倉治山運搬路」で大きな斜面崩落と落石がありました。

ようやく2022年4月に通行できるようになったものの、

7号隧道より先ではまだ崩落の危険性があり通行止めとなっています。

ここはかつて「ユーシンブルー」で有名になった場所です。

しかし観光地としての整備は不十分です。

またこの美しい沢を求めてやってくる人たちの水難事故も繰り返し起きています。

自然災害はいつ起こるか分かりませんが、水難事故は予防することができます。

自然が観光資源であっていいのですが、もっと分かりやすく情報が伝わるようになればいいですね。


ムササビと書かれたTシャツを着てムササビを背負って歩いている変な私ですが、

人って注意されると気分も悪くなるし、ダメと言われるとやりたくなるところがある。

ちょっと目立つ格好をして歩きながら、知識のない若者や外国人に情報提供できるよう、

こんな格好で時々活動しています。


相棒のムササビくんも一緒に楽しく森林浴ができるよう、

マナー向上や自然に関する啓発活動を今後も頑張って続けていきます。

とにかく、じこのないように。

自分のことは自分で守りましょう!


#森林浴 #森林散策 #神奈川

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示