top of page

森歩き日記 Vol.39


安息と睡眠

「安息」は聞きなれない言葉かもしれませんが

森林セラピー®️ではよく使う言葉


休憩とも違う

「心が休まる」時間=それは安心して呼吸ができること


6/25は団体の方の貸切で

年に1回程度

10人以上の団体の方のガイド依頼を受けることがあり


その際は

安全に配慮して山に慣れた人をサポートガイドとして応援を頼むことがあります


この日も

絶対なる信用がある私の先輩に助っ人を依頼


でも

その人は突然午後からいなくなってしまって


理由も告げず

突然ガイドがいなくなってしまったことに

気づいた参加者さんもいられると思います


もし

偶然にもこのブログを見ることがあったなら


「私、主人があまり状態が良くなくて。だからこの依頼を引き受けるかどうかとても迷った。だけど、前日まで待ってもらえるなら、ぜひやりたいと。」


前日面会に行ったら

看護師さんのお墨付きでご主人の容体は安定していると


よかった


だけどその日

お昼の休憩中に病院から一方が入り

「もうすぐ呼吸が止まりそうです。」


大丈夫

後はなんとかやれるから

ゆっくり運転に気をつけて行ってね


午後

3人いたガイドがなぜか一人


なんか変だなと気づきつつ

どなたも何も言わずについてきてくれる


後から

もう一人のスタッフが追いつき

みなさん予定通りのプログラムを終了


事情を説明すべきか

せざるべきか


その答えは今もないけれど


結果的にみなさんに喜んでいただけるイベントになったと信じて


#森林セラピー #グリーフケア #森林浴 #看護師




閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page